不妊検査|不妊を解決しましょう

男性不妊症の検査方法は

男性不妊症の検査方法は、メインは精液検査と血液検査になります。

まず、最初に行うのは精液検査で、精液検査では精液の量や精子濃度、運動率、奇形率などを測定します。

そして、精液検査の結果、無精子症や乏精子症などであった場合、染色体検査を行い染色体に異常がないかを検査します。

また、精索静脈瘤がある場合には、MRI検査を、射精障害がある場合は、経直腸エコー検査を行います。その男性の症状によって次の検査方法は変わってきます。

血液検査では、男性ホルモンや精巣の働きを調節する下垂体ホルモンなどを測定します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。