不妊検査|不妊を解決しましょう

男性のホルモン検査

男性も女性と同じホルモンが分泌されています。

男性のホルモン検査では、脳下垂体や精巣から出ている男性ホルモン、FSH・LH・PRLなどの量を測定します。これから、精巣や下垂体の機能、高プロラクチン血症の有無などを検査します。

精巣で精子を作る機能に問題があると、血中のテストステロンが低下してFSHやLHが上昇します。FSHは高すぎても低すぎても「精子形成障害」の可能性が考えられます。PRLが高い場合は、視床下部や脳下垂体の疾患が考えられます。
 

      <ホルモンの正常値>
 ▽性腺機能
  男性ホルモン(テストステロン)     250−1100(ng/dl)
 ▽下垂体
  PRL(プロラクチン・乳汁分泌ホルモン) 1.5−9.7(ng/ml)
  LH (黄体化ホルモン)         1.8−5.2(mIU/ml)
  FSH(卵胞刺激ホルモン)        2.9−8.2(mIU/ml)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。