不妊検査|不妊を解決しましょう

男性不妊症の検査の流れ

男性不妊症の検査の流れ
 ⇒検査は、精子や精巣が中心の検査になります。

▽問診▽
専門医による質問があります。
 ↓
▽視診・触診▽
専門医による性器の診察です。
 ↓
▽精液検査▽
自分でマスターベーションを行い、精液を採取します。採取された精液から、精子の数や奇形率、運動率などを調べる検査です。
 ↓
▽ホルモン検査▽
血液を採取して、精子や精巣に関係のあるホルモンがきちんと正常に働いているかどうかを調べる検査です。
 ↓
▽染色体検査▽
血液を採取して、染色体に異常がないかどうかを調べる検査です。
 ↓
▽精巣生検査▽
精細管の組織を採取して顕微鏡で観察します。精巣の機能がきちんと正常に働いているかどうかを調べる検査です。
 ↓
▽精管精巣造影検査▽
精管(精子の通り道)をX線で撮影して、精管が詰まっていないかどうかを調べる検査です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。