不妊検査|不妊を解決しましょう

月経期に受ける不妊検査

▽LH−RH・TRH検査▽
月経後2〜5日くらいの間に行う検査で、LH−RH・TRHという2種類のホルモンを投与して血液中のホルモン反応を調べます。排卵障害などの異常を見つけることができます。

▽月経培養検査▽
不妊症の原因となる結核菌が存在するかどうかを検査します。月経中に月経血を採取して、結核菌が繁殖しやすい状態で2ヶ月程度おいて繁殖状態を調べます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。